三原村の大地と恵みの中で、自分の子どものように愛情をかけて育てる。

コンセプト・事業内容

コンセプト

ハイテクグリーンハウス
環境・安心・安全、きれいな水と空気がトマトをつくる。地球にやさしい農業、ハイテクグリーンハウス

カゴメ㈱の契約農園で、商品の大部分がカゴメの商品。
農園は巨大なハウスになっており、センサーで気温・湿度・日照量などを感知し、トマトの生育に最適な条件になるようにコンピューターで制御しています。
農業先進国のオランダから学び、世界水準に追いつけ追い越せの気概で全社員一丸、日々奮闘し、トマト栽培に取り組んでいます。

事業内容

事業名 平成14年度/15年度経営構造対策事業
事業主体 財団法人 三原村農業公社
栽培作物 トマト(約65,000~70,000株)
生産者 有限会社 四万十みはら菜園
カゴメ(株)が高知県三原村を選定した経緯
四国最大規模を誇る最先端設備。農作業の効率化と快適な作業を追及。

施設概要/栽培技術

施設概要

ハイテクグリーンハウス

第1、第2と別れた温室内は快適な環境を保つため多くの最新技術を完備し、省エネで環境にも優しいトマト栽培施設(ハイテクグリーンハウス)。軒高5メートル、間口8メートルのワイドスパン型温室。採光性に優れ、安定した暖房機能も備えており、清潔な環境の中で栽培します。

ハウス外観

ハウス外観

潅水システム

トマト栽培施設内


配置図

施設規模 栽培温室2棟 27,328㎡
第1温室:14,336㎡(224m×64m)
第2温室:12,992㎡(112m×116m)
鉄骨構造、硬質フッ素フィルム被覆
農作業棟 1,680㎡

付帯設備

光、保温カーテン設備

遮光、保温カーテン設備

ハンギングガタ―&スプリンクラー

ハンギングガタ―&スプリンクラー

天窓開閉設備(プッシュ&プル方式)

天窓開閉設備(プッシュ&プル方式)

ボイラー室内&ボイラー6機

ボイラー室内&ボイラー6機

養液リサイクル循環式機能を備えたタンク-貯蔵庫

養液リサイクル循環式機能を備えたタンク-貯蔵庫

LPG設備(ボイラー燃料貯蔵設備)

LPG設備(ボイラー燃料貯蔵設備)


付帯設備

選果場-包装ライン設備

選果場-包装ライン設備 動画を見る

出荷ライン設備

出荷ライン設備

貯水タンク

貯水タンク
(一度使用された後-用水-養液等がこの貯水タンクに貯水されて殺菌消毒後リサイクルされます。)


栽培技術

ロックウール養液栽培

ロックウール養液栽培イメージ

栽培方法は土を使わないロックウール培地を採用。
土を使わないことによって、連作障害がなく、この培地を変えることによって年間を通して大量のトマトの安定供給が可能です。広大なハウスで、縦横に走るパイプから養液や用水、炭酸ガスなどがいきわたり、トマトにとって最適な環境を作り出しています。また、残った養液は、自然環境に配慮して、垂れ流しはせず、回収をしてもう一度殺菌し、無駄にする事なく使っています。

ハイテク環境制御設備(コンピュータ複合制御)

ハイテク環境制御設備(コンピュータ複合制御)栽培で難しいのは害虫や病気などからトマトを守ること。害虫で最も怖いのは「オンシツコナシラミ」です。みはら菜園では早期発見するため、常にコンピュータで監視しています。


コンピューター心臓部(CPU)

コンピューター心臓部(CPU) 温室をコンピューター制御していますが、その心臓部(CPU)にあたります。 事務所内のPCで温度や湿度、養液他の設定を行ない、CPUを通じて各温室内へ指示が出ます。 また、温度等のデーター(実測値)もCPUへ保存され、事務所内PCで見ることができます。


蜂の巣

蜂の巣電解水ミストによる殺菌効果や、昆虫利用による農薬使用の低減と、着果促進に日本在来種のクロマルハナバチを利用した自然交配など安全・安心な生産体制に努めています。


ハンギングガターを利用しバッテリー昇降台車を使用高所作業

ハンギングガターを利用しバッテリー昇降台車を使用高所作業収穫は一つ一つ丁寧に手作業でおこないます。トマトの樹は誘導フックで吊るしてあり、収穫するトマトの位置が作業員の目線に合わせて上下動できるため、農作業効率が高まり、作業者の負担軽減にもつながっています。また、トマトを収穫した後、葉かきをしてさらに15m~20mぐらいまで伸ばしていき、1本の木で、約10ヵ月間収穫し、長期で安定した栽培を行っています。


安全面での管理体制

安全面での管理体制イメージ

農薬を必要最小限におさえ、農薬の使用内容の記録も残し、トマトの残留農薬分析を定期的に行うなどして、安全面での管理体制を整えています。
今日も真っ赤に育ち、美味しくなったトマトを収穫します。

1㎡当たりの収穫高、全国8ヶ所のカゴメグループの農場で第一位!

生産品種/オリジナルブランド

生産品種

カゴメブランド生産品種

カゴメこくみトマト 「ラウンド」
カゴメこくみトマト 「ラウンド」

名前の通りまん丸、サラダに使いやすい中玉タイプ。甘味・酸味・旨味がほどよく、加熱していても、色鮮やかでくずれにくいトマトです。果肉感しっかり。炒め物やスープなどにも使えます。


 
カゴメこくみトマト 「プラム」
カゴメこくみトマト 「プラム」

ミディアムサイズでかわいらしいたまご形のトマト。サラダやパスタを華やかに彩ります。ハーフカットでサラダやパスタにぴったり。


 
カゴメトマト 「高リコピン」
カゴメトマト 「高リコピン」

色鮮やかさと、トマト本来のおいしさを合わせもったリコピン含有量が多いトマトです。


オリジナルブランド

四万十みはら菜園オリジナルブランド商品

サラダ自慢
みはらの完熟トマトでサラダ自慢

地元の高級食材にこだわったドレッシングです。

原材料名 トマト、砂糖、醸造酢、食塩、ゆず果汁、バジル、香辛料
使用方法 生野菜・温野菜・お刺身・フライ・そうめん・スパゲッティにもおすすめです。
単品内容量 300ml
価格 429円(税抜)
賞味期限 15ヶ月
保存方法 直射日光をさけ、冷暗所で保管
開栓後要冷蔵(10℃以下)
備考 遺伝子組換原材料の使用なし
アレルギー起因原料の使用なし

四万十みはら菜園オリジナルブランド商品

とまとのマヨ
とまとのマヨ

自然豊かな環境で育てられた完熟トマトに赤とうがらしを混ぜ合わせ、ピリッとしたおいしさを加えてマヨネーズです。

原材料名 食用植物脂(大豆油、なたね油)卵、醸造酢、砂糖、トマト、食塩、赤とうがらし
使用方法 生野菜やエビ・魚フライなどにおすすめです。
単品内容量 220g
価格 361円(税抜)
賞味期限 15ヶ月
保存方法 直射日光をさけ、冷暗所で保管
開栓後要冷蔵

私たちが作ってます!

Yield per square foot on a farm in the first place kagome group of eight locations nationwide!

スタッフインタビュー1

製品出荷部 出荷担当 取締役
安澤 雄一
- Yasuzawa Yuichi -
平成15年4月入社


主な仕事内容について教えてください。
勤怠、出荷管理を行っています。
みはら菜園で働いていて、よかったなぁと思うところは?
職場の少ない地域の雇用に貢献できていること。
元気な方、明るい方ばかりで、楽しく仕事させてもらっています。

今の課題などあれば教えてください。
出荷計画を組む上で、取引先様からは、商談を円滑に進める為に、2週間先の計画精度を重視され、色々と御指導を頂きながら、勉強させて頂いております。
ちなみに今、プライベートで一番楽しいことは何ですか?
歴だけが伸びて一向に上達しないゴルフ(笑)ではなく、子供の成長を見てる事です。(他、ここではコメントできない趣味があります( ̄-+ ̄)キラーン)
今後の目標、意気込みなど、お願いします!
トマトと会話して出荷精度を向上させ、取引様から信頼される会社を目指して頑張ります!

スタッフインタビュー2

生産管理課 収穫班 班長
伊豆 貫清
- Izu Yasukiyo -
平成17年4月入社


主な仕事内容について教えてください。
トマトの収穫作業、収穫班の指導を行っています。
みはら菜園で働いていて、よかったなぁと思うところは?
スタッフが積極的に協力/助け合い、とても働きやすい職場だと思います。
そして福利厚生や休日が充実しているところです。

今の課題などあれば教えてください。
収穫班の班長を担当していますので常にスタッフへの解りやすい指示を心掛けています。
ちなみに今、プライベートで一番楽しいことは何ですか?
休日にバスケットボールやバレーなどのスポーツを楽しむ事です。
今後の目標、意気込みなど、お願いします!
収穫での数値目標を一つでもクリアー出来る様にしています。

スタッフインタビュー3

生産管理課 台車班
大久保 真理子
- Okubo Mariko -
平成16年5月入社


主な仕事内容について教えてください。
トマトの誘引、脇芽取り作業、樹の成長の管理やサポート等を行っています。
みはら菜園で働いていて、よかったなぁと思うところは?
社長からスタッフ(社員/パート/アルバイト)まで年代も様々なのに、とても仲良く、楽しく働ける職場だと思います。

今の課題などあれば教えてください。
季節によって異なる樹の変化や病害虫等に速く気が付ける目を養い対処出来る知識や技術を身に付け、より高品質なトマトを栽培出来る様にする事です。
ちなみに今、プライベートで一番楽しいことは何ですか?
小学校に入学した子供が、色々な事を学び、楽しそうにしている姿と成長していく過程を日々感じて、見ていられる事です。
今後の目標、意気込みなど、お願いします!
まだまだ未熟で、学ぶ事も沢山ありますが、お客様に、より高品質なトマトをお届け出来る様にスタッフ皆様と協力し合って、頑張っていきたいと思います。
会社概要/アクセス

世界に通用する農業の施設、栽培技術を確立したい。

代表挨拶

代表挨拶 有限会社四万十みはら菜園は、平成15年4月に食品大手カゴメ株式会社、卸売大手旭食品株式会社様に出資をして頂き設立した若い会社です。
 
トマトを通じて地域に元気と活力の出せる企業を目指し全社員心ひとつにして明るく、楽しく、やる気と元気で日本の農業の発展に貢献できる企業でありたいと願っています。


有限会社四万十みはら菜園
代表取締役 小八木喜尊

会社概要

世界に通用するような農業の施設、栽培技術を確立したいという思いが、時間とコストの削減、また生産者側の負担の軽減や安定収入につながり、結果的に地域経済への波及効果も生まれています。

会社名 有限会社 四万十みはら菜園
代表取締役 小八木 喜尊
取締役 東 宣雄 / 安澤 雄一
設立 平成15年4月10日
資本金 3,200万円
所在地 高知県幡多郡三原村宮ノ川1270番地11
TEL / FAX 0880-31-7781 / 0880-31-7782
スタッフ構成 正社員 5名
準社員 4名
パート 29名
アルバイト 9名
(2012/4/9 現在 計49名)

アクセス

四万十市から車で約30分/宿毛市から車で約30分
車で国道56号線沿いに土佐くろしお鉄道(宿毛線)平田駅に向かい、21号線沿いに中筋川ダムを抜け、四万十みはら菜園の看板を左折すると星ヶ丘団地の隣に位置し、道路沿い224mにわたる一連なりのハウス群が四万十みはら菜園です。外観はハウスと言うよりも工場そのもの。
水と風の恵み故郷の原点と言われる場所がここにある

三原村ブランドの紹介

三原村特産品紹介

三原村は、三原村商工会が中心となって平成16年12月に「濁酒特区」の認定を受けました。平成17年度に3軒の農家が製造免許を取得し、現在では、7軒の農家食堂、民宿が製造・販売しており、それぞれ特色のある味わいが楽しめます。

詳しくはこちら